カニ鍋はローカロリーの王様!ダイエットに最適

カニ鍋の栄養素

カニ鍋には、いろいろな栄養が含まれていますのを知っていますか?

 

身だけでなく甲羅は免疫力を高め、腸の働きを整える作用があります。
カニを茹でると赤くなるのは、アスタキサンチンという強力な抗酸化作用を持つ赤色色素があるためです。
動脈硬化などの生活習慣病、老化、目の健康が気になる方にはおすすめの食材です。
身から甲羅まで栄養満点のカニですが、1つ難点と言えばちょっと高価なことですね。
最近通販などでお安く手に入ることがあるので、ぜひチェックしておきたいですね。
カニの身の栄養素には

  • タンパク質
  • ビタミンE
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • カルシウム
  • 亜鉛
  • タウリン

などのビタミンやミネラルが豊富です。
育ち盛りの子供にはぴったりの栄養食ですね。

 

中でもタウリンは、血圧の正常化や心臓強化、コレステロールの抑制などが期待できるので、貧血の予防や糖尿病、成人病の予防のもなります。
カニ鍋は野菜もたくさん一緒に食べるので、栄養も丸ごと摂取できます。

身が大きいから食べ応え◎

かに本舗